ニキビは1種類だけじゃない!様々なニキビが存在する!

ニキビの種類

ニキビは疲れがたまっているときや、寝不足のときなどにできてしまいます。誰の肌にもできてしまうニキビですが、どのような原因でニキビができてしまうのか、ニキビというのがどういったものなのかを正しく理解できている人はそれほどいないでしょう。
ニキビを直してきれいな肌を手に入れるためには、まずはニキビについてしっかり理解する必要があります。
今回はニキビの種類や改善方法について紹介していきたいと思います。

 
 

段階ごとに分かれている

ニキビができてしまってから、だんだんと色が変化してったり、大きさが変化していったりということがあると思います。それはニキビの進行には段階があるからです。
初めは白で、その次から順に黒、赤、黄色、紫色へというように5段階に分けることができます。。悪化してしまう前に治すことができればいいですが、ニキビがクレーターになってしまうと肌へ跡として残ってしまうこともあります。そうなる前に治りの悪いニキビができてしまった場合は早めに皮膚科などの病院へかかるようにしましょう。
ニキビができ始めて、小さいから勝手に治るかな、といって放っておいてはいけません。まだ小さい段階でどのように対処をするかが治りの早さに大きく関わってきます。
段階別で対処するべき方法も変わってくるので、それぞれ紹介したいと思います。

 
 

ニキビができるまでの仕組み

「第一段階」
顔の脂や汚れなどが毛穴に詰まってしまうことによってニキビができます。
丁寧に洗顔を行っていない場合、毛穴の汚れがしっかり取れないのでニキビができやすいです。また肌が乾燥していると毛穴が開きやすくなってしまうので、肌の保湿をすることも大切です。正しく洗顔を行い、保湿まで気を使うことでニキビを防ぐことができます。

「第二段階」
毛穴が塞がれた状態で皮脂が溜まってしまうとそれがニキビに進行しまいます。皮脂を出さないようにすることは私たちの体の仕組み上無理なことなので、毛穴を防いでしまわないようにする必要があります。

「第三段階」
アクネ菌という菌が毛穴に溜まった皮脂のせいで増えてしまうことによりニキビが進行します。この段階で毛穴が炎症を起こしてしまうので、だんだんとニキビが大きくなったりしてしまいます。

 
 

白ニキビについて

なぜ白ニキビができるのか

白ニキビはまだ毛穴に炎症が起きていない状態で、ニキビとしては初期の段階です。
最初の段階なので正しい対処をすれば治しやすいニキビでもあります。
白ニキビができる原因は汚れなどが毛穴に詰まってしまうことによってできます。
洗顔が不十分だったり、メイクをしっかり落とせていないときなどにできやすいです。そういった毎日のケアをしっかり行うことで、ニキビができるのを防ぐことができるので、忙しいとか面倒だからといって怠らないようにしましょう。

どうやって対処する?

白ニキビができてしまったら、皮脂の分泌を抑えるように食生活に気をつかったり、生活習慣を見直すようにしましょう。夜更かしなどは良くないので、睡眠をしっかりとるようにすればニキビの治りも早くなります。
白ニキビができたら気になって潰してしまうひともいるかもしれませんが、そのようなことはせずにあまり強い刺激を与えないようにしましょう。毛穴を傷つけないように皮脂を取り除くことができれば治ることもあります。
洗顔も優しくするようにし、メイクもニキビの部分は避けるようにしましょう。そのようにすれば自然と治すことができると思います。

 
 

黒ニキビについて

なぜ黒ニキビができるのか

黒ニキビというのは皮脂が酸化してしまった状態の白ニキビのことです。白ニキビが進行することによって黒ニキビへと変わります。進行してるといっても炎症はまだ起きていない状態なので、治しやすい段階でもあります。
できてしまう原因は白ニキビと同じなので、洗顔の仕方などを見直すことにより予防ができます。

対処方法は?

洗顔を正しい方法で行い、角栓を除去する必要があります。洗顔後のスキンケアも入念に行うことで角栓を除去しやすくすることもできます。
毎日の洗顔によって汚れをしっかり取ることができていれば自然とニキビも治っていくと思います。
自分で角栓を取り除くことで治すことも可能ですが、傷つけてしまう可能性もあるので皮膚科などに行くことをオススメします。病院などに行く時間がない人は、最近では角栓を取り除くことができる便利グッツなども売られているので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

 
 

赤ニキビについて

なぜ赤ニキビができるの?

赤ニキビの段階まできてしまうと、毛穴に炎症が起こっている状態です。
角栓の下に溜まった皮脂に、アクネ菌が増えてしまうことで赤ニキビになります。
赤ニキビを放置していると、だんだん大きくなっていったりとひどくなってしまいます。かといって下手に刺激を与えて悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。
ケロイド状になてしまうと、皮膚組織を壊してしまうので悪化する前の処置が必要です。

対処法は?

睡眠不足はさけるようにして、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。
眠る時間帯にも意識をして、10時ごろにはベットに入ることをおすすめします。その時間に睡眠をとるとお肌によいとされているので、ニキビの治りなども早くしてくれる可能性があります。
皮膚科に行って専用の薬を出してもらうのもいいでしょう。
またスキンケアも怠らないようにしっかりとしてあげることが大切です。

 
 

黄色ニキビについて

なぜ黄色ニキビができるのか

赤ニキビが悪化して、炎症がひどくなり膿が溜まってしまっている状態です。
白血球と細菌たちが炎症によって膿になってしまっているのです。

対処法は?

皮膚科に行って膿を取り除いてもらうことで治りを早くすることができます。
膿が気になって自分で取り除く人もいるかもしれませんが、逆にばい菌などが入り込んで症状を悪化させてしまうこともあるので、皮膚科などでお願いをした方がいいでしょう。

 
 

紫ニキビについて

なぜ紫ニキビができるの?

炎症が最もひどくなっている状態です。紫ニキビは腫れ上がっていて、膿と血が中に溜まっているものです。

対処法は?

顔の皮膚だけの問題ではなく、体の免疫力が下がっていることなどが原因とされるので体のケアから行う必要があります。
紫ニキビは自分で治すのは難しいものなので、早めに皮膚科に通うようにしましょう。
栄養バランスをしっかり考えた食事をとったり、サプリメントなどで栄養補給をすることもオススメです。

 
 

肌の乾燥には注意を!

ニキビは肌の乾燥によってもできてしまうことがあります。
ニキビが治ったと思ったら、またすぐニキビができてしまうなどと悩んでいる方は肌の保湿ができているかをチェックしてみてください。
肌がしっかり保湿された状態は、肌トラブルを防ぎやすい状態でもあります。なので洗顔後などはしっかりと肌の保湿ケアをして乾燥を防ぐようにしましょう。
また、必要以上に洗顔をしてしまうのもよくありません。必要な油分も一緒に取り除いてしまい乾燥しやすい肌になってしまうこともあるので、朝晩2回の洗顔にするなどにしましょう。

 
 

まとめ

ニキビで悩んでいる方は今回の記事をぜひ参考にしてみてください。
ニキビにも段階があることを理解して、少しでも早めの対策をとれば跡にも残らず、きれいに治すことができます。
頑張ってきれいなお肌を手に入れてくださいね!