ファンケル スマホえんきん 口コミ 効果 は?
FANCL(ふぁんける)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
疲れ目 ブルーベリー アントシアニン サプリメント

FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
780円で始められます

FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)
ファンケル スマホえんきん 口コミ

詳しくは⇒ファンケル スマホえんきん 780円を見る

 

スマートフォンやパソコンを長時間使うと、
近くのもを見るときに焦点が合わず
ぼんやりする事があります。

この目の疲労は今は若い人にも、
さらには子供までも
引き起こしているとも言われているんです。

目の疲労を放っておくと頭痛や肩こり、
不眠や集中力の低下などを引き起こします。

ファンケル スマホえんきん 口コミ 目の疲れ

 

そのような症状を避けるためにも
日頃から目のケアは必要です。

 
FANCLのスマホえんきんは、
スマホ労眼対策用のサプリメントです。

 
FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)には
ビルベリー由来の
アントシアニンが57.6mg含まれています。

 
アントシアニンは
スマートフォンやパソコンなどで目を酷使する時、
焦点を合わせやすくしてくれ、
目の疲労感を緩和してくれる作用がある
と言われています。

実際アントシアニンを摂取した人の
近点調節機能が4週間で、
また疲労感は7日間で改善されたとの
報告がされています。

 
FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)には
アントシアニンの他にも
ルテイン、ビタミンB1、B2、B6、B12など
といった目のために摂ることが望ましい
成分がたっぷり配合されています。

 
FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
機能性表示食品であり、
研究開発から製造まで医薬品と
同じレベルの品質管理を行っています。

また合成着色料、香料、保存料など
一切使われていないので
毎日安心して摂ることができます。

 
FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
買いやすいお値段なので
20代や30代の若い世代にも
とても人気があります。

FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
40代50代の親と一緒に
親子で飲んでいる人もおいですね

ファンケル スマホえんきん 特徴

現代人の86.2%もの人が
疲れ目を感じているという報告があります。

まだ20~30代であっても、
疲れ目を放置すると肩こりや不眠、
頭痛などの症状を招くことになります。

ファンケル スマホえんきん 口コミ 目の疲れ

 

スマホやパソコンで酷使した目のケアとして
最適なサプリがスマホえんきんです。

 

あの大ヒットサプリえんきんを開発した
FANCLから新発売された
機能性表示食品なんです。

えんきんは40代からの
ピント調節機能の回復に有効ですが、
えんきんは若い世代の
目の疲労ケアに効果を発揮します。

 
スマホえんきんには、
目の疲労回復に有効な
ビルベリー由来アントシアニンが配合されています。

ファンケル スマホえんきん 口コミ ベリー2

 

ビルベリー由来アントシアニンは
目の疲労を7日間で改善することが
臨床試験で確認されています。
 

また、近点調節機能も4週間で回復する
という結果も得られました。
 

スマホえんきんはこの成分を
たっぷり57.6㎎も含んでいるので、
目の焦点を合わせやすくする効果や
目の疲労感を和らげる効果が期待できるのです。

 

また、スマホえんきんは
目に大切なビタミン類も配合しています。

ルテインやビタミンB群が
目の疲労回復を後押ししてくれるのです。

 

スマホえんきん
機能性表示食品 届出番号:B301

届出表示:本品にはビルベリー由来アントシアニンが含まれます。ビルベリー由来アントシアニンは、日頃からスマートフォンやパソコンなどで目を酷使する作業時に、目の焦点を合わせやすくすることで、目の疲労感を緩和する機能が報告されています。

 

スマホえんきん 1日2粒当たりの栄養成分表示

ルテイン:1mg、ビタミンB1:1.2mg(誘導体)、ビタミンB2:1.4mg(誘導体)、ビタミンB6:20.0mg、ビタミンB12:60.0μg [機能性関与成分/1日2粒当たり]
ビルベリー由来アントシアニン:57.6mg
●アレルギー物質:ゼラチン

 

そして、スマホえんきんは
FANCLならでは高品質のサプリです。

合成着色料や香料、保存料は一切含まず、
医薬品レベルの工場で
徹底した管理のもと製造されています。

詳しくは⇒ファンケル スマホえんきん 780円を見る

 

 

ファンケル スマホえんきん 口コミ

わたしは大学生の頃から
バードコンタクトレンズを使用しています。

学生時代は、
特にトラブルを感じたこともなかったのですが、
働き始めた頃から、
徐々に目に違和感を感じるようになり、
常に目薬を携帯するようになりました。

仕事がパソコンを使うことが多いこともあり、
つねに目が乾いているの感じる状態でした。

パソコンの使用をやめることもできませんし、
対策としては、頻繁に目薬をうつだけ。
 

だんだんひどくなるので、
通勤中はコンタクトレンズをはずして、
眼鏡で通勤するようにしました。

ただ、眼鏡だとコンタクトレンズより見えにくいこともあり、
やはり仕事中はコンタクトレンズを着用していました。

ずっと乾燥している感覚が続くので、
医者にいって、ドライアイではないかと聞いてみましたが、
ドライアイとまではいかないということでした。
 

やはり、目薬を処方されるのみ。

バードコンタクトレンズを長期間使っているのが悪いのかと、
定期的に交換してもらえる
バードコンタクトレンズに変更しましたが、それも効果なし。

仕事が、フルタイムからパートにかわり、
少しパソコン作業が少なくなったため、
それに伴い乾燥もましになりました。

今現在は、仕事を育休でおやすみしているので、
パソコンの作業がなくなり、乾燥も少しおさまっています。
 

また、細かい字をパソコンで見る必要もないので、
日常生活のほとんど眼鏡に変え過ごしています。
 

それでも、パソコンやスマートフォンを見すぎたりすると、
目の乾燥が気になります。

特にスマートフォンは小さな画面なので、
雑誌や本、マンガをスマートフォンでみたりすると、
あとで、すごく疲れたなぁという気分になります。
 

見えかたもクリアでなくなってきた気もします。

 
最近は眼鏡を主に使っていますが、
眼鏡はあまり好きではないので、
またコンタクトレンズに戻りたいという気持ちがあります。
 

ただ、この乾燥・疲れ目の状態だと、
なかなか戻ることもできません。

 
もっと健康な目になりたいのに、
目は悪いし、乾燥してるし、
疲れているし、ボケる時もあるし、
全然良いことがありません。

 
できればよく寝て、
スマートフォンもさわらないようにして、
疲れ目を回復させてあげるのが良いかもしれませんが、
なかなか対策もできていない状況です。

なので最近はスマートホンの
疲れ目をケアするサプリを飲んでいます。
 

FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
粒が小さくて飲みやすいので
続けやすいです。

お値段も安いので
それもうれしいです
 

FANCL(ファンケル)
スマホえんきん(すまほえんきん)は
780円で始められたのでいいですよ

詳しくは⇒ファンケル スマホえんきん 780円を見る